退去時に家賃保証料は返金されるのか?

入居時に支払った家賃保証料、家賃を滞納したことがないのだから、退去時にはもちろん返金されるものだと思っていませんか?そもそも家賃保証料とは何のために誰に支払っているお金なのか、改めて確認してみましょう。
賃貸物件には、貸主(オーナー)が家賃滞納に対して保証を受けるサービスがあり、このサービスは家賃保証と呼ばれています。家賃保証料というのは、このサービスを受けるために入居者が賃貸保証会社に支払うお金のことを指します。そのため、退去時には保証がすべて終了していますので、このお金は原則として返金されません。ただし、家賃保証料が返還される例外もあります。それは、保証開始日(入居日)前に契約をキャンセルするケースです。この場合、保証サービスを受けていませんので、もちろん家賃保証料が返還されます。
一方で、西日本では、いわゆる「敷金」のことを「保証金」と呼ぶことがあります。この場合の保証金は入居者から貸主に支払われる預かり金であり、もし家賃の滞納があった場合には、不足分を保証金から補填することになります。退去までに家賃滞納がなければ、保証金は入居者に返却されますが、ここで適用されるのが敷引きの仕組みです。預けた保証金から、契約時に取り決めした敷引きの金額(例えば、家賃○か月分)が差し引かれ、その残額が返金されることになります。敷引かれた分のお金は、退去物件の修繕費用に充てられることになっています。

家賃保証のフォーシーズ

Leave a Reply